2020年10月07日

新之助1等!

10月6日新之助の品質検査を受けました。
DSC_0052.JPG
見事1等、きれいなお米に仕上がりました手(チョキ)
出荷は10月15日から発送開始です。もうしばらくお待ちくださいませ!!

稲刈りも終了し、この間までコンバインの音が響いていた田んぼも静かになりました。
赤とんぼも無数に飛んで、ふと見ると彼岸花が真っ赤に咲いています。秋だな〜
DSC_0008.JPG

DSC_0033.JPG
posted by 管理者 at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月21日

稲刈りも佳境に入りました。

9月上旬から始まった稲刈りも佳境に入ってきました。4連休は天候良くスタート、稲刈りも順調です手(チョキ)
DSC_0202.JPG
黄金色の稲穂を次々とコンバインが吸い込んでいきます。
DSC_0211.JPG
籾が満タンになると排出して運搬!秋晴れだと気持ちが良いですね晴れ
コシヒカリの刈り取りが終わると新之助の収穫が始まります。
posted by 管理者 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月18日

オール1等級

9月16日今年のコシヒカリの初検査を受け、468袋全量1等級になりました手(チョキ)
先に受けたこがねもち、こしいぶきも1等でした。
7月は毎日雨続きで梅雨が明けたのは8月2日頃、その後は猛暑と稲の管理も気を抜けない日が続きました。
徹底した管理のおかげで今年も品質の良いお米に仕上がりました。コシヒカリ「ひすいの雫」は9月20日から発送開始いたします。もうしばらくお待ちくださいませ。こがねもち、こしいぶきは発送可能です!

検査員からお米の品質をチェックしてもらいます。
DSC_0165.JPG
コシヒカリDSC_0168.JPG
こがねもちDSC_0169.JPG
こしいぶきDSC_0170.JPG
オール1等でしたひらめき
posted by 管理者 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月06日

新潟は猛暑日

大型の台風10号の影響で新潟は朝から気温が上がってきました。
昨日は夕立があり、夜は気温が下がりました。早朝は露が水蒸気となり何とも
幻想的な景色になりました手(チョキ)
DSC_0131.JPG
台風は九州地方へ上陸しそうですが大きな被害が無いことを祈っております。
posted by 管理者 at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月16日

連日30度超え太陽

8月2日に梅雨明けをしてから連日30度を超える日が続いています。
稲も早生、コシヒカリ、新之助と穂が出そろいました。
DSC_0040.JPG
これから2週間は水の管理が品質を決めるとても大切な時期でもあります。この地域はおかげさまで夏場でも冷たい水が豊富にあるので、稲に十分にあげることができます手(チョキ)
DSC_0039.JPG
posted by 管理者 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月02日

ようやく梅雨明け手(チョキ)

新潟もやっと梅雨があけました。
今年は冬に雪がほとんどなく「夏は水不足になる」との予測が春先に出ていました。
5月の田植えは好天に恵まれこのままの天候で行けば・・・・・
と6月〜7月はしっかりと雨ばかり、ほとんどお日様が顔を出しませんでした。
8月1日ようやく夏の雲が広がりました。
DSC_0005.JPG
梅雨明けを待っていたかのようにコシヒカリの穂も顔を出してきました晴れ
DSC_0006.JPG
posted by 管理者 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月30日

無事に発芽!

DSC_0062.JPG
カラスのいたずらのおかげで播き直したえだまめ、今回はカラス対策を万全にして無事に発芽しました。
DSC_0063.JPG
水糸を縦横無尽に張り巡りました。これだけすればカラスもさすがに入ってこれませんね手(チョキ)
posted by 管理者 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月14日

溝切り開始

田植えから1ヶ月、これまで水を入れていた田んぼから水を落とす時期が来ました。中干し(なかぼし)です。
草丈も30cmを超え順調に育っていますわーい(嬉しい顔)水を落とすと同時に「溝切り」という作業を行います。
DSC_0050.JPG
田面ライダーという機械に乗って溝を切っていきます^^
溝を切った後はこの通りきれいに溝が入ります。1枚の田んぼに10〜12本の溝を入れ連結をし排水します。なぜこの時期に水を落とすのか

1. 根が強く張るように土中に酸素を補給して根腐れを防ぎ、根の活力を高めます。
2. 土中の有害ガス(硫化水素、メタンガスなど)を抜くことができます。
3. 水を落とすことによって肥料分である窒素の吸収を抑え、過剰な分けつ(ぶんけつ)を抑制します。
4. 土を干して固くし、刈り取りなどの作業性を高めます。
とちょっと長くなりましたがこの時期の大事な作業ということになります。
男性スタッフの溝切りは今月いっぱい続きます。

女性スタッフはシャインマスカットの摘粒作業です
DSC_0034.JPG
粒も大きくなりました。小さなものをハサミで落とし房を整えていきます手(チョキ)
posted by 管理者 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月05日

そろそろ雨ほしいです傘

DSC_0022.JPG
サツマイモ植えましたが雨が降らずカラカラ状態、根っこが出てくるまで潅水をしてあげます。
それにしても極端な天候、梅雨になってドカンと降るのでは・・・・・

こちらの方は水のそばににいて、なんとも涼しげらですねひらめき
DSC_0016.JPG
posted by 管理者 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月27日

空気澄んでます

DSC_0203.JPG
空気の澄んでいる早朝は景色がとてもきれいです。残雪の残る山々との青々とした稲、ベストスナップです手(チョキ)
posted by 管理者 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記