2020年02月07日

今冬一番の寒気です。

2月4日は立春でしたが、5日~6日にかけて今季一番の寒気が来ました。
今まで暖かい「冬」に慣れてしまっていたので、とっても寒い!
DSC_0486.JPG
氷柱も下がり昼間でも氷点下の1日でした。
寒かったのですが降雪は5cm弱、薄っすらと白くなった程度です。例年だと今頃は氷点下雪の日が続くのですがやはり暖冬です。
DSC_0492.JPG
高い山々には降っているみたいなので夏場の水は心配ないと思うのですが?
posted by 管理者 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月19日

さいの神

1579405800787.jpg
小正月の行事さいの神が行われました。令和2年無病息災、豊作祈願を祈りお神酒を頂きましたお銚子&杯
今年は雪が全くありません。雪国新潟でもサンダル履きで用が足せます。
昨日は関東地方では雪の降ったところもありましたが新潟は曇りでした。
今現在はこんな感じです!
DSC_0485.JPG
明日1月20日暦の上では大寒ですがここしばらくは暖かそうです晴れ
posted by 管理者 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月01日

令和2年元旦

謹賀新年
DSC_0450.JPG
今年は初日の出で迎える事が出来ましたOK!
今年も皆様にとりまして良い1年になりますようにキャラクター(万歳)
posted by 管理者 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月31日

年末恒例

DSC_0404.JPG
これをやらなきゃ年が越せません!
12月28日は餅つきです。杵と臼でバッチリと美味しいお餅の出来上がりひらめき

DSC_0443.JPG
30日は蕎麦打ちで締めくくりです。
DSC_0439.JPG
こちらも美味しい手打ち蕎麦の出来上がり!

posted by 管理者 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月25日

おにぎり好評でした!

IMG_20191222_124236.jpg
20日〜22日、表参道糸魚川うまさぎっしり冬フェスタには多くの方からご来店頂きました^^
可愛い彼女も新之助のおにぎりで楽しいクリスマスを迎えることが出来るでしょう雪
posted by 管理者 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月13日

霜降りました!

晴天の朝は冷え込みが一段と厳しくなります。
DSC_0377.JPG
一回降った初雪もきれいに溶けてしまいました。意外と雪があった方が湿度も高く寒さも厳しく感じられません。
年内は気温が高く暖冬傾向の予報です。今年の冬はどうなるやら雪
イチョウの葉っぱ、あともう少しで散ってしまいます^^
DSC_0291.JPG
posted by 管理者 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月24日

冬支度

シャインマスカット3年目は本格的に収穫が出来ました。
大粒の実になり糖度も上々でした。
来年に向けて剪定を行いました。良い枝を残し、来年実が着く枝を残していきます。
節の先にはもう小さい芽が出てきています手(チョキ)

before剪定する前は枝や葉っぱで混み々ですが・・・・
DSC_0296.JPG

after剪定後はこのようにスッキリ!
DSC_0319.JPG
来年も甘いブドウになりますようにわーい(嬉しい顔)
posted by 管理者 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月06日

山芋

IMG_6177.jpg
毎年恒例の山芋の収穫しました。今年は天候のせいか細いものが多くなりましたが
年越しそばのつなぎに使う分に十分にあります。とりあえず最初は「とろろ」にして頂きま〜す!

〈11月5日今年一番の冷え込みのなりました高い山々には初冠雪となりました〉
DSC_0284.JPG
posted by 管理者 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月12日

コンバイン整備

稲刈りも終了し、一息つきたいところですが、まずはコンバインの整備です。約1ヶ月フル稼働した大事な相棒を入念に手入れをします。ホコリや残っている籾を取り除き、水洗いして注油をして完了!と言葉で表すと簡単ですが、これが結構時間がかかります。来シーズンもスムーズに稼働できるように!ひらめき

DSC_0265.JPG

稲刈りの終わった田んぼに目をやると、所々に赤とんぼが無数に飛んでいます。夏場に田んぼで羽化して、暑い夏を標高の高い山で過ごしたアキアカネが真っ赤になって里へ帰ってきました。のどかな風景だな〜
DSCN0058.JPG

posted by 管理者 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月02日

新之助で終了!

9月30日、水稲の収穫作業が終了いたしました。最後の収穫は「新之助」、最終日は秋晴れのの穏やかな日でした。
DSC_0196.JPG

DSC_0202.JPG
8月の下旬から始まった稲刈り、最初は秋雨前線が居座り晴れ間を見ての作業でしたが、中旬以降は秋晴れの日が続き順調に進みました晴れ 台風も何個か上陸しましたが大事には至りませんでした。何はともあれ「終わり良ければ総て良し」ですね!

1本だけ刈残し^^誰の担当だパンチDSC_0235.JPG
posted by 管理者 at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月12日

オール1等

新米の初検査を受けました。
DSC_0097.JPG
2名の検査員の方から、コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、3品種の検査を受けました。結果は全量1等級でした手(チョキ)
今年も夏場の猛暑で正直、品質を心配していましたが、こまめな水管理や適切に栄養を与えたおかげで品質が維持できました。夏場の暑い中の作業もこれで報われます。
検査員いわく、この地域は冷たい水が豊富にかけ流すことができる、これで稲も体力の消耗も最小限におさえているのでしょう。この糸魚川の自然に感謝ですわーい(嬉しい顔)

コシヒカリ
href="http://seikouen.sakura.ne.jp/sblo_files/seikouen-farm/image/DSC_0105-3a8c0.JPG" target="_blank">DSC_0105.JPG
こしいぶき
DSC_0085.JPG
こがねもち
DSC_0107.JPG


posted by 管理者 at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月10日

コシヒカリ収穫始まりました!

9月に入り秋雨前線が活発になったおかげで、早生(こしいぶき、こがねもち)の収穫は雨の合間を見ながらの作業となりましたが、台風一過、新潟は直接の影響は無かったですが、フェーン現象となり晴天!コシヒカリの収穫開始^^
DSC_0066.JPG

DSC_0079.JPG
朝からコンバインもフル稼働です。黄金色に輝く稲穂を次々と刈り取っていきます。
DSC_0062.JPG
9月11日に品質検査を受けてから出荷開始です。来週には皆様の食卓に新米がお届けできますわーい(嬉しい顔)

posted by 管理者 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月13日

ねこ、はいちゃいました!

イチジクのハウス電気牧柵をしてハクビシン退治、それでも心配になり、知り合いの猟師さんにお願いして檻(おり)をかけてもらいました。エサは魚屋さんからブリ(超高級)のあらをもらい設置完了。3日目の朝、見事に入っていました。真っ白い猫が・・・・・・ふらふら
檻のふたを開けたら一目散の走っていきました。
もう入ったらダメダメ!

DSC_0188.JPG
posted by 管理者 at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月09日

出穂(しゅっすい)

コシヒカリの穂が出てきました。
DSC_0169.JPG
連日30度を超える日が続いています。稲も穂を出すこの時期が水を最も必要とする時期でもあります。穂が出る2~3日前から田んぼに水を入れてあげます。その水分をどんどんと吸い上げ穂が出てきます。
DSC_0175.JPG
この地域は標高の高い山からの水が豊富にあるのでとっても助かります手(チョキ)
posted by 管理者 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月03日

穂肥

稲も穂を出す準備をしてきました。
茎の中では白い穂がほぼ出来上がっています。
DSC_0132.JPG
まだ籾の中は空っぽですが、これからどんどんと養分を吸い上げて実が詰まっていきます。
そこで穂の出る前に稲に養分を与えてあげます。これが「穂肥(ほごえ)」です。
DSC_0144.JPG
清耕園ファームでは有機質の入った肥料を使い、稲にじわじわと栄養が行くように施しています。
連日猛暑の中、重い機械に肥料を入れて稲にあげています晴れ
DSC_0140.JPG
ちなみに機械と肥料の重さで約30s位になりますがく〜(落胆した顔)
posted by 管理者 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月28日

大きくなってきました!

受粉も終わり、4~5日経つとメロンの実も見る見る大きくなっていきます。この時期が一番成長する時期でもあります。
DSC_0120.JPG
そして、日焼けがしないように新聞紙で覆ってあげます。収穫まであと1ヶ月、水管理と温度管理には特に気を使います。目
posted by 管理者 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月15日

ミツバチも頑張っています!

メロンのハウスでは受粉が始まりました。受粉は花が開く朝7時頃からの約2時間くらいが最適です。
人間がやると見落として受粉を忘れてしまうことがありますが、ミツバチはすべての雄花と雌花に次から次へと飛んでいき受粉します。
DSC_0092.JPG
巣箱の中には何千匹のミツバチがいますが、実際に働いているのは数十匹らしいですわーい(嬉しい顔)
DSC_0109.JPG
posted by 管理者 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月02日

アキアカネ

梅雨のこの時期、田んぼで作業をしているとトンボの羽化の最盛期です。
DSC_0037.JPG
田んぼの中で過ごしていた「ヤゴ」が稲に這い上がって来てどんどんと羽化をしていきます。とにかくものすごい数です。
暑い夏は標高の高い山で過ごし、秋になると里に降りてきて赤とんぼになるそうですぴかぴか(新しい)
posted by 管理者 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月23日

ぶどう袋掛け

シャインマスカットも枝の剪定、房の摘粒(いらない実を落とす)も終了、袋掛けの作業に入りました。
DSC_0044.JPG
日焼けや害虫にやられないようにします。秋の収穫までは中を見ることはできませんが眼鏡今年の秋はとっても楽しみですねひらめき
DSC_0053.JPG
posted by 管理者 at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月16日

溝切り

田植えから約1ヶ月、田んぼに入れてあった水を抜く時期になりました。
なぜ田んぼから水を抜くかというと、これからは気温が上昇すると水が暖かくなり稲の根っこを傷めてしまいますので、水を抜いて根に酸素を与えてあげます。その前に「溝切り」を行います。
バイクみたいな機械で溝を切っていきます(アメンボウ)みたいですね!
DSC_0024.JPG
1枚の田んぼに10本位溝を入れます。そして水を抜いてあげます。
これから8月いっぱいは水を入れたり、抜いたりといった作業が続きますひらめき

DSC_0028.JPG
posted by 管理者 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記