2017年07月29日

穂肥散布


コシヒカリも茎の中で穂を作る時期にきました。田植えから1ヶ月は体を作る時期「栄養生長」、7月に入ると茎の中で幼穂(穂の元)を作る「生殖成長」の時期に入ります。この時期に穂が大きくなるように穂肥(ほごえ)を与えてあげます。清耕園ファームでは有機質の含まれている肥料を与えています。化学肥料とは違い、ゆっくりと稲に吸収されるのでとてもやさしい肥料です^^それにしても重い散布機を背負って何十枚もの田んぼの散布するのも重労働ですふらふらこれもすべて実りの秋を迎えるための最後の仕上げです手(チョキ)

稲の茎を開いていくと白い穂が出来上がっています。昆虫に例えると「さなぎ」の状態ですね!
DSC_0489.JPG

posted by 管理者 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180484374

この記事へのトラックバック