2020年06月14日

溝切り開始

田植えから1ヶ月、これまで水を入れていた田んぼから水を落とす時期が来ました。中干し(なかぼし)です。
草丈も30cmを超え順調に育っていますわーい(嬉しい顔)水を落とすと同時に「溝切り」という作業を行います。
DSC_0050.JPG
田面ライダーという機械に乗って溝を切っていきます^^
溝を切った後はこの通りきれいに溝が入ります。1枚の田んぼに10〜12本の溝を入れ連結をし排水します。なぜこの時期に水を落とすのか

1. 根が強く張るように土中に酸素を補給して根腐れを防ぎ、根の活力を高めます。
2. 土中の有害ガス(硫化水素、メタンガスなど)を抜くことができます。
3. 水を落とすことによって肥料分である窒素の吸収を抑え、過剰な分けつ(ぶんけつ)を抑制します。
4. 土を干して固くし、刈り取りなどの作業性を高めます。
とちょっと長くなりましたがこの時期の大事な作業ということになります。
男性スタッフの溝切りは今月いっぱい続きます。

女性スタッフはシャインマスカットの摘粒作業です
DSC_0034.JPG
粒も大きくなりました。小さなものをハサミで落とし房を整えていきます手(チョキ)
posted by 管理者 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記